◯概要
  • 脳表面を直接的かつ局所的に冷却することにより、脳神経を保護するベッドサイド治療装置を開発します。
  • 実用化すれば、てんかん、脳卒中、頭部外傷などの脳神経疾患の急性期・回復期の効果的治療が可能となり、脳神経疾患の急性期・回復期治療に貢献します。


◯研究目的
  • 局所脳冷却は、てんかん、脳卒中、頭部外傷といった脳神経外科疾患によって引き起こされる異常脳活動を強力に抑制できます。そこで、この技術を急性期・周術期治療用のベッドサイド装置として完成するために、頭蓋内埋込み型の局所脳冷却デバイスとその駆動装置、並びに脳状態の計測・解析モジュールを含めた脳神経保護装置を開発します。




◯研究組織・メンバー


  • 代表:鈴木倫保(山口大学)[臨床医]
  • 分担:柳井宏之(伸和精工)[サブリーダー]
  • 分担:池田和司(NAIST)
  • 分担:加納学 (京都大学)
  • 分担:山川俊貴(熊本大学)
  • 分担:深谷浩平(カネカ)2019年4月~


◯研究業績
  • 令和元年度 (FY2019)
    • 【雑誌論文】
      • Toshitaka Yamakawa, Takao Inoue, Masatsugu Niwayama, Fumiaki Oka, Hirochika Imoto, Sadahiro Nomura, Michiyasu Suzuki
        "Implantable Multi-modality Probe for Subdural Simultaneous Measurement of Electrophysiology, Hemodynamics, and Temperature Distribution"
        IEEE Transactions of Biomedical Engineering, Vol 66(11), Pages 3204-3211, 2019.

    • 【国際会議論文】
      1. Takuto Abe, Takao Inoue, Koichi Fujiwara, Sadahiro Nomura, Hirochika Imoto, Michiyasu Suzuki, Manabu Kano
        "Surrogate Modeling for Neuroprotective Focal Brain Cooling Device"
        IEEE EMBC 2019, Berlin (Messe Berlin), Germany
        July 25, 2019
      2. Yuya Ishihara, Shun Sakai, Toshitaka Yamakawa, Takao Inoue, Michiyau Suzuki
        "Intraoperative Cerebral Measurements using Implantable Cortical Multimodality Probe"
        IEEE EMBC 2019, Berlin (Messe Berlin), Germany
        Jurly 26, 2019

    • 【学会発表】
      1. 井上貴雄、柳井宏之、野村貞宏、山川俊貴、井本浩哉、庭山雅嗣、岡史朗、末広栄一、鈴木倫保
      2. "局所脳冷却による脳保護技術の実用化に向けた研究開発"
        第6回脳神経外科BMI研究会、山口県宇部市(山口大学)
        Oct 26, 2019
      3. 山川俊貴、井上貴雄、庭山雅嗣、岡史朗、井本浩哉、野村貞宏、鈴木倫保
        "硬膜下に慢性留置可能で皮質脳波・血液動態・温度を同時計測するフレキシブルセンサの開発"
        第6回脳神経外科BMI研究会、山口県宇部市(山口大学)
        Oct 26, 2019
      4. 加納学
        "最少の圧力損失で再考の冷却性能を実現する局所脳冷却デバイスの設計"
        第6回脳神経外科BMI研究会、山口県宇部市(山口大学)
        Oct 26, 2019
      5. 池田和司、久保孝富
        "局所脳冷却効果の発現機序解明に向けた数理モデルアプローチ"
        第6回脳神経外科BMI研究会、山口県宇部市(山口大学)
        Oct 26, 2019
      6. 鈴木倫保
        "脳局所冷却の現状と未来~「温度神経生物学」事始め~"
        第22回日本脳低温療法・体温管理学会、東京(国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス)
        July 13, 2019
      7. 末廣栄一、鈴木倫保
        "頭部外傷におけるcortical spreading depolarizationの発生と脳温管理の重要性"
        第22回日本脳低温療法・体温管理学会、東京(国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス)
        July 13, 2019
      8. Takuma Nishimoto, Fumiaki Oka, Takao Inoue, Michiyasu Suzuki
        "Effects of Intracranial Hypertension on the Cortical Spreading Depolarization"
        iCSD2019, Yokohama (Hamagin Hall "VIA MARE"), Japan
        July 2, 2019
      9. 山川俊貴、井上貴雄、庭山雅嗣、岡史朗、井本浩哉、野村貞宏、鈴木倫保
        "硬膜下に慢性留置可能で皮質脳波・血液動態・温度を同時軽装するフレキシブルセンサの開発"
        第58回日本生体医工学会大会、沖縄(沖縄コンベンションセンター), Jun 8, 2019
      10. 井上貴雄、柳井宏之、野村貞宏、井本浩哉、山川俊貴、庭山雅嗣、岡史朗、末廣栄一、鈴木倫保
        "局所脳冷却による脳神経保護技術の開発ー薄型センサとチタン製冷却デバイスによる病態計測ー"
        第58回日本生体医工学会大会、沖縄(沖縄コンベンションセンター), Jun 8, 2019

    • 【メディア】

    • 【知的財産権】

    • 【図書】

    • 【受賞】

  • 平成30年度 (FY2018)
    • 【雑誌論文】
      1. Kei Hata, Koichi Fujiwara, Takao Inoue, Takuto Abe, Takatomi Kubo, Toshitaka Yamakawa, Sadahiro Nomura, Hirochika Imoto, Michiyasu Suzuki, Manabu Kano
        "Epileptic Seizure Suppression by Focal Brain Cooling with Recirculating Coolant Cooling System: Modeling and Simulation"
        IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering, Volume 27(2), Pages 162-171(査読有)
      2. 加納学、柳井宏之、井上貴雄、鈴木倫保
        "てんかん発作および脳神経保護を目的とした局所脳冷却システムの設計"
        化学工学会誌、Vol.83(1), Pages 67-69, 2019(査読無)

    • 【国際会議論文】
      1. Kei Hata, Takuto Abe, Takao Inoue, Koichi Fujiwara, Takatomi Kubo, Toshitaka Yamakawa, Sadahiro Nomura, Hirochika Imoto, Michiyasu Suzuki, Manabu Kano
        "CFD-Based Design of Focal Brain Cooling System for Suppressing Epileptic Seizures"
        Computer Aided Chemical Engineering (13th International Symposium on Process Systems Engineering (PSE2018)), Volume 44,Pages 2089-2094, 2018(査読有)
      2. Yuya Ihishara, Shun Sakai, Toshitaka Yamakawa, Takao Inoue, Michiyasu Suzuki, Tadashi Sakata, and Yuichi Ueda
        "Evaluation of Implantable Cortical Multimodality Probe in a Feline"
        IEEE EMBC 2018, 2018(査読有)

    • 【学会発表】
      1. Takuto Abe, Takao Inoue, Koichi Fujiwara, Sadahiro Nomura, Hirochika Imoto, Michiyasu Suzuki, Manabu Kano
        "Optimization of Channel Structure and Operating Condition of Neuroprotective Focal Brain Cooling Device"
        AES2018, New Orleans (Ernest N. Morial Convention Center), USA, Dec 2, 2018
      2. 井上貴雄、山川俊貴、野村貞宏、岡史朗、杉本至健、井本浩哉、石原秀行、末廣栄一、庭山正嗣、鈴木倫保
        "マルチモーダルセンサを用いたてんかん焦点における多面的脳活動計測と局所脳冷却デバイスによる脳活動制御"
        第5回脳神経外科BMI研究会、栃木県下野市(自治医科大学)
        Nov 17 2018 (Sat)

    • 【メディア】
      1. てんかん発作を抑える脳冷却装置、m3.com(2019年2月26日)

    • 【知的財産権】

    • 【図書】

    • 【受賞】

  • 平成29年度 (FY2017)
    • 【雑誌論文】

    • 【学会発表】
      1. 井上貴雄、山川俊貴、藤原幸一、久保孝富、岡史朗、庭山正嗣、野村貞宏、井本浩哉、貞廣浩和、杉本至健、石原秀行、末廣栄一、河野亜希子、柳井宏之、加納学、池田和司、鈴木倫保
        "脳梗塞に対する局所脳冷却:効果実証を目指したプロトタイプ機の開発"
        Store2018、福岡県福岡市(福岡国際会議場), Mar 16, 2018

    • 【知的財産】

    • 【図書】

    • 【受賞】


◯関連リンク


◯連絡先
  • 〒755-8505
  • 山口大学医学部脳神経外科
  • 山口県宇部市南小串1−1−1
  • TEL/FAX: 0836-22-2295/2294

※補足:本プログラムは将来の医療の革新へつながる有望な「技術シーズ」の発掘と完成をめざし、診断機器、治療機器や予防用機器を対象とするものであり,H29年度は、➀要素技術開発タイプと➁先端機器開発タイプの2区分について、合計で126件の提案があり、外部有識者による厳正な選考を経て、12件の採択課題が決定されました。

Copyright (C) 山口大学医学部 脳神経外科 All rights reserved.